歯ツラツくんBLOG

投稿者:訪問歯科119番

 

訪問歯科119番と歯科医療情報推進機構、東京医科歯科大学が協力し、高齢者歯科分野の中でも特に最近需要が急増している、摂食・嚥下のケアやリハビリに即役立つ、歯科医師向けのセミナーを開催いたしました。開催にあたり、歯科医療情報推進機構の専務理事 松本満茂先生(東京医科歯科大学卒)、井口寛弘先生(東京医科歯科大学)、梅田慈子先生(東京医科歯科大学)、ほか東京医科歯科大学の在学生の皆様にはご尽力いただきましたこと感謝いたします。次回は2014年の夏以降にまた行いましょう。セミナーの詳細は以下の通りです。

 

 

131104_145113                      131104_145400

 

今回のセミナーのポイント

①嚥下内視鏡を始めたい方

②具体的な手技、診断方法、リスク対応を身に着けたい方

③積極的アプローチで誤嚥性肺炎を予防したい方

 

歯科に対する摂食・嚥下障害の治療ニーズが高まっています。特に、在宅や施設では歯科以外に摂食・嚥下障害を担当する科がなく、歯科に対する期待は非常に大きくなっています。のどもと過ぎれば大丈夫?今回のセミナーは、歯科医師向けの実習付きセミナーです。
やみくもに臨床で嚥下内視鏡を用いることによって、近年では危険なことも・・・。適応を学び、不用意なトラブルを回避することを目的に、具体的な手技・診断方法・リスク対応までを解説します。歯科にとってVEは有用であり、往診治療において強力な武器となります。経験とコツを学び、一歩進んだ嚥下治療を始めるために、嚥下内視鏡を学びましょう!!

 

高齢者、要介護者、障がい者の方への在宅歯科診療、訪問歯科診療、口腔ケア、口腔リハビリのご相談は

訪問歯科119番/在宅歯科医療支援機構 0120-763-182

 

 
記事タグ:「嚥下内視鏡検査実技実習コース」を開催いたしました!!

カテゴリ

最近のブログ記事