歯ツラツくんBLOG

投稿者:訪問歯科119番

 

先日、「要介護者に対して行う口腔ケア・口腔リハビリ」についての以下のメンバーと口腔ケア談義で盛り上がりました。

元厚生大臣 藤本 孝雄 先生 / 老人福祉施設協議会 会長 石川 憲 さん/

元東京医科歯科大学准教授・歯科医療情報推進機構  専務理事 松本 満茂先生/訪問歯科119番 代表 高木大輔 。

 

松本先生曰く、口腔ケアの目的は3つだそうです。

①誤嚥性肺炎の予防

②胃ろうの方を減らす

③認知症予防、改善 とのことでした。

 

口腔機能が低下すると、誤嚥や誤飲が起こりやすくなり、誤嚥は、食べ物や唾液などが、

気管や肺に入ってしまうことで日本における死因の第3位である肺炎の原因となるようです。

口腔機能を改善することで低栄養と誤嚥性肺炎などを予防し、さらに食べる楽しみ、話す楽しみの

享受によるQOLの改善が可能になるなど、要介護者の継続的な口腔機能の維持管理を行う

口腔ケア・口腔リハビリはとても重要だとおっしゃっていました。

特に「歯科医療情報推進機構」が認定した、歯科医師・歯科衛生士は在宅療養者や老人福祉施設入所者の

「誤嚥性肺炎の予防」はもとより、「お口の健康管理」のエキスパートがそろっており、

必ずや要介護者の助けになるともおっしゃっておられました。

 

歯科医療情報推進機構(IDI)とは、日本国内で初めて、歯科診療所の歯科医療機能を客観的に評価するために

組織された第三者機関であり、厚生労働省からも後援をいただきながら活動し、さらには日本老年歯科医学会と

連携し、歯科医師・歯科衛生士に質の高い訪問歯科診療を実践にするための研修等も実施されており、

要介護者への歯科医療に対して真摯に向き合う姿勢に感銘いたしました。

訪問歯科紹介センターでは歯科医療情報推進機構や日本老年歯科医学会等とより一層連携を深めながら、

要介護者等への訪問歯科診療・口腔ケアをさらに広めていくための努力を継続していこうと思いました。

 

 

元東京医科歯科大学准教授・歯科医療情報推進機構  専務理事 松本 満茂先生のお話をご紹介したいと思います。

 

胃ろうにさせないためには口腔ケア・口腔リハビリは、要介護者にとって非常に有効な手段であることは医療従事者、

介護従事者の間では周知の事実だと思います。

しかし、介護現場では「お口の健康管理」において専門的な知識と人材不足などにより、

完全看護は望めないのが現状であり、要介護者に対して決して望ましい環境が整っていない施設が

大多数ではないかと思われます。

 

要介護者を胃ろうにさせてしまうことを防ぐために、胃ろうの方がもう一度、お口から食事できるように

回復するためには、徹底した口腔ケア・口腔リハビリの環境整備がまずは必要です。

施設や在宅に訪問歯科診療に伺うメンバーには、①「摂食・嚥下の評価」ができる歯科医師や②「食事や栄養面」

まで気に掛けることができる知識とスキルを持った歯科衛生士はほとんどいません。

 

歯科医療情報推進機構は上記に挙げた①、②に対して歯科医師、歯科衛生士に研修を施し、

歯科医療情報推進機構が認定した歯科医師、歯科衛生士だけを老人施設等に伺わせて、

老人施設のスタッフと協力しながら、要介護者にとっての環境を歯科業界を代表して整えていきたい。

 

松本先生は要介護になってからの生活を充実させてあげたいとの一心から、歯科ができる最大限のサポートを約束するとおっしゃっていました。

訪問歯科紹介センターでも、この活動に対して、最大限のサポートを約束します。

 

【食べる】、【味わう】、【話す】、【歌う】、【笑う】、

これら全ての口腔機能の老化が認知症を発症、進行させる大きな原因でもあります。

厚生労働省は、噛む能力が弱くなると、認知症になる確率が高くなる

研究結果を発表しました。噛める歯を維持することで認知症の予防

に効果があることが、最新の研究調査で明らかになっています。

認知症の予防のために徹底した口腔ケア・口腔リハビリの環境整備は急務です。

口腔機能の管理は、要介護状態での身体機能の維持はQOLに深く関わってきます。

それだけに、口腔機能の老化は認知症予防だけでなく、メンタルヘルスにも影響を及ぼす一大事です。

松本先生は口腔機能の健全化が若さを保つ秘訣だといいたいのでしょうね。

 

平成22年 厚生労働科学研究(神奈川歯科大学)よりの資料によると4年間で認知症を発祥した、

65歳以上の人の場合、歯が数本で入れ歯がない人は20本以上歯がある人に比べて約2倍の確率で

認知症を発症するという結果が出ました。

噛む能力と認知症の発症率とは大きな関わりがあるということですね。

訪問歯科紹介センターでは、歯科医療情報推進機構(IDI)や日本老年歯科医学会と連携し、

歯科医師・歯科衛生士に質の高い訪問歯科診療を実践するための研修も実施しています。

そして、この研修を受講した歯科医師・歯科衛生士が、認知症の予防・減少させるように取り組みます。

 

高齢者、要介護者、障がい者の方への在宅歯科診療、訪問歯科診療、口腔ケア、口腔リハビリのご相談は

訪問歯科119番/在宅歯科医療支援機構 0120-763-182

記事タグ:要介護者に対して行う、口腔ケア・口腔リハビリの目的とは①

投稿者:訪問歯科119番

 

本日、私ども訪問歯科119番に、こんなご相談がありました。

山間部にある児童養護施設(孤児院)より、歯医者さんが遠いので子供たちが通えない、歯の治療が必要な子供たちが数十人いるため、また、スタッフの人数不足により、車で送迎することもできない、という理由から、児童養護施設にて、訪問歯科診療をお願いしたいということでした。

一番近い歯医者さんでも、10Km近く離れており、ましてや山間部のため、小学生くらいの子供には、とても大きな負担がかかります。その歯医者さんに、児童養護施設まで来てくださいとお願いしましたが、断られてしまいました。

とても困っています。

訪問歯科119番では、この要望を受けすぐに、施設より半径16Km以内の3件の提携歯科医院に連絡を取りました。

そのうち2件は断られましたが、1人の先生は、子供たちが通えない環境と施設側の気持ちを汲んでくれて、どのようにしたら対応できるか、真剣に考えてくれました。

訪問歯科119番では、これまで、要介護者や障害者の方からの訪問歯科診療の依頼やご相談を受け付けしてきましたが、このようなケースの依頼は初めてでした。

訪問歯科119番でも、保健所や役所、必要によっては、厚生労働省などに対して、真剣に相談してみようと思います。

今回のご相談は、神奈川県内の事例ですが、全国各地の同じ環境に置かれている子供たちは、充分な歯科医療を受けられているか心配にもなりました。

またひとつ、訪問歯科119番での取り組むべき課題が増えました。

 

高齢者、要介護者、障がい者の方への在宅歯科診療、訪問歯科診療、口腔ケア、口腔リハビリのご相談は

訪問歯科119番/在宅歯科医療支援機構 0120-763-182
記事タグ:訪問歯科診療の対象者の範囲を広げて欲しい

投稿者:訪問歯科119番

 

上の入れ歯が合わない、かみ合わせが合わない、下の前歯の部分入れ歯が合わない、という依頼をご担当のケアマネージャーさんから受けました。

その患者様はとても気難しい方で、初回の訪問にあたっては、ご主人様が立ち会うということでした。

ご主人様の仕事の都合で、初回の訪問日が日曜日限定のため、対応できる歯科医師の手配にとても時間がかかりました。

ご担当のケアマネージャーさんが間に入ってくれて、親切に対応してくれました。とっても助かりました。

 

ケアマネージャーさんも、今回の件で、私ども訪問歯科119番の対応を気に入ってくださったのか、同じ事業所のケアマネージャーさんから、摂食嚥下の評価をしてくれる歯科医師の手配を同時に頼まれました。

依頼を受けてすぐに摂食嚥下の評価をできる歯科医師に連絡を取り、即日対応させていただきました。

特に、最近ですが、訪問歯科119番においては、摂食嚥下の評価(うまく飲み込めない、食事をぼろぼろこぼす)のニーズが高まっていることを感じます。

訪問歯科119番の提携歯科医院の中では、3割程度が摂食嚥下の評価ができる歯科医師です。

訪問歯科119番としては、この割合を上げていくことが課題と捉えています。

 

先日、この課題に対しての取り組みとして、嚥下内視鏡実技セミナーを「歯科医療情報推進機構」と「東京医科歯科大学」の協力を得て、開催いたしました。

大変好評だったため、2014年4月以降、第2回目の摂食嚥下に対する講座を開催する予定です。

その際には、提携歯科医院以外の歯科医師にも参加を呼び掛けるつもりです。

―すべては患者様のために。

 

高齢者、要介護者、障がい者の方への在宅歯科診療、訪問歯科診療、口腔ケア、口腔リハビリのご相談は

訪問歯科119番 0120-763-182
記事タグ:本日の訪問歯科依頼について

投稿者:訪問歯科119番

 

本日、訪問歯科119番に、ケアマネージャーさんから入れ歯を新しく作る場合の

自己負担金についての質問がありました。口腔内の状態が、スムーズに入れ歯づくりに入れる場合は、

最短で 4回~5回で出来上がります。1回あたりの治療にかかる自己負担金は

1回目~4回目までは概ね 2,000円(2500円くらいの場合もあります)です。

5回目の入れ歯の出来上がりの時には概ね 4,000円~8,000円です。

つまり2ヵ月程度かけて、5回訪問して、合計の自己負担金は概ね 15,000円ということになります。

 

ちなみに、入れ歯の調整だと1回あたりの自己負担金は、1,500円~2,000円です。

虫歯の治療も1本だけなら、1,500円~2,000円です。ほとんどの方は訪問歯科診療にかかる

費用(自己負担金)について知りませんよね。

 

ですから、患者さまやそのご家族さま、特にケアマネージャーさんからの費用(自己負担金)についての

質問は本当によくあります。毎月5回~10回くらいは費用(自己負担金)についての質問を受けていると思います。

お話を伺っていると、出張費や交通費はどのくらいかかるのか?治療は保険でできるのか?

治療にかかる期間はどのくらいか?などの質問を特に初めて訪問歯科診療を受けようとお考えの

患者さまから多く受けます。

 

これまで受けたことのない医療サービスですから、いろいろな不安が多いのだと思います。

患者さまやそのご家族さまは身近なケアマネージャーさんに相談や質問をされることが多いのだと思います。

訪問歯科診療の依頼だけでなく、些細なご質問やご相談でも、訪問歯科119番までご連絡いただければ、

親身に、誠実にご対応させて頂きます。

 

高齢者、要介護者、障がい者の方への在宅歯科診療、訪問歯科診療、口腔ケア、口腔リハビリのご相談は

訪問歯科119番/在宅歯科医療支援機構 0120-763-182
記事タグ:訪問歯科診療における入れ歯作成の費用について

投稿者:訪問歯科119番
訪問歯科は、歯の治療しかしてもらえないと思っていませんか?

先日このようなご相談がありました。

「頬の内側にデキモノが広範囲にできているのですが、診てもらえますか?」

はい。訪問歯科119番では、歯の治療だけに限らずこのようなご相談にも対応しています。

基本的には訪問した歯科医師が患部を診察し治療しますが、

場合によっては専門の検査が必要になる事もありますので、

その場合は検査設備のある大きな病院をご紹介することもあります。

検査結果を受けて、その後の治療計画をご家族やケアマネジャー様と相談しながら

進めてまいります。

 

この患者様のケースでは、訪問した歯科医師の診察でデキモノからの出血が見られたので

細胞検査の必要有りとの判断で●●病院をご紹介いたしました。

検査後、病院からの中間報告で、ウイルス性口内炎の可能性があるとの事でしたので

訪問歯科治療は一旦保留となりました。

今後は最終結果が出てから、ご相談しながら治療計画を立てていくことになります。

 

このように、歯に限らず様々なご相談にお応えしておりますので

お困りの事がありましたら、まずお電話やメールでご相談下さい。

 

高齢者、要介護者、障がい者の方への在宅歯科診療、訪問歯科診療、口腔ケア、口腔リハビリのご相談は

訪問歯科119番/在宅歯科医療支援機構 0120-763-182

 
記事タグ:歯科治療以外も可能なの?

カテゴリ

最近のブログ記事