歯ツラツくんBLOG

投稿者:訪問歯科119番

 

「日本歯科大学口腔リハビテーション多摩クリニック」(東京都小金井市)が昨年  10月にオープンして

1年が経過しました。関係者はその後の運営に心を寄せています。

「歯科医療の新しい時代を見据えて、新しい取り組みをしている。」

ということで、毎日新聞( 10 月 28 日)がその一部を紹介していました。

 

食事をうまくとれないダウン症の子供たちの治療に役立ててもらおうと、日本歯科大が医師向けの

指導プログラムの作成に取り組んでいます。ダウン症児の摂食機能障害を専門的に治療する

医療機関は少なく、プログラムを公表して全国の病院で専門機関と同様の指導を受けられるように

したい考えのようです。

今年度中に他の病院と協力して効果を検証し、完成させたいとしています。

 

同大によると、ダウン症児は食事の際に舌を突き出してしまったり、口の筋力が弱いことから食べ物を

かまずに飲み込んだりしてしまうため、流動食やペースト状の食べ物しかとれないケースも少なくない。

これを改善するためには、歯科医師や医師らが一人一人の状況を分析し、食事のとり方を指導する必要がある。

だが、対応できる医療機関は全国に200〜300カ所しかなく、東京や大阪など都市部に集中しているのが

現状のである。

 

同大は昨年10月、高齢者や幼児らを対象に、口の機能にかかる摂食機能障害のリハビリ専門施設として

全国で初めて「口腔リハビリテーション多摩クリニック」を開設し、

今年9月末までにダウン症児約100人が受診しました。

筋力をつけるために子供の口の周辺をマッサージしたり、舌を出す癖をなくすための食事のとらせ方を

親に教えたりしています。

クリニックには専門的な治療を求めて関西からも患者が来訪しています。

そこで、日本歯科大は地方に住むダウン症児も適切な指導が受けられるようにと、

プログラムを作成することにしました。

 

実家が多摩クリニックに近いこともあり、ダウン症の1歳の長男を連れて神戸市から通う女性は

「4月から通い始め、離乳食を吐き出さず食べられるようになりました。

プログラムがあれば、専門施設が少ない地域のダウン症児の親も安心して子育てできるのでは」と期待します。

クリニックでリハビリを指導する同大の田村文誉教授は「ダウン症児の摂食機能障害は年長になるほど

改善しにくくなります。

早期に適切な指導が受けられるよう、一日も早くプログラムを完成させたい」と話しています。

 

【ダウン症】 23対・46本ある染色体のうち、21番染色体が1本多い3本ある染色体異常6によって発症します。

知的障害のほか、心臓などに先天性の異常があることが多いが、合併症は個人差があります。

平均800〜1000人に1人の割合で生まれるとされるようです。

 

以上が記事内容ですが、日歯大リハビリテーション多摩クリニックのスタートについては、

関係者の一部では、「正直、時期尚早という感じをもっていました。

もう少し議論を詰めた方がいいかも知れない。

懸念材料がなかったわけではないので」と当時の現状認識を吐露していました。

こうした背景もあり、その期待は高かったのです。

経営や人材の育成の視点からの課題もあるようですが、歯科界として、

今回の事業を含め期待は高まりそうです。

 

高齢者、要介護者、障がい者の方への在宅歯科診療、訪問歯科診療、口腔ケア、口腔リハビリのご相談は

訪問歯科119番 0120-763-182

記事タグ:ダウン症患者様の食事をサポート

投稿者:訪問歯科119番

 

第一三共ヘルスケア株式会社が、9月26日~30日の期間で全国の30歳~50歳の男女1355名に

インターネットによるアンケート調査を実施し、その結果をこのほど公表しました。

内容は歯周病リスクの程度と“幸福感”、“精神的ストレス”、“疲労感”、“眠りの質”の関係について

回答率を調べたものだそうです。

 

その結果、“幸福感”との関係については、

歯周病リスクの程度が最も低い(低)の人が62.5%、次に低い(中)の59.9%が

「(自分のことを)幸せだと思う」と答えました。

一方で、歯周病リスクが最も高い(高+)では49.6%、次に高い(高)は49.5%しか「幸せだと思う」

と回答しておらず、「幸せだと思わない」という回答も歯周病リスクが高くなるにつれて多くなっているようです。

これにより、歯周病リスクが低い人ほど「自分は幸せだと思っている」ことが分かります。

他の調査でも歯周病リスクが低い人は「精神的ストレスが少ない」、「疲労感が少ない」、

「質が高く深い眠りを得ている」という結果が出ており、全体の結果から見ても

「歯周病リスクが低い人ほど生活の質が高いこと」が明らかとなりました。

今回のアンケートでは、調査対象を選定する事前調査として歯周病リスクを判定する

“歯周病を呼ぶ10の生活習慣”の測定方法を用いました。

その方法を監修した宝田歯科医院の宝田恭子歯科医師は今回の調査結果について、

生活の乱れと口内環境そして歯周病リスクの関係が表れていると考えます。

口元は顔全体の印象を左右するため、「口内環境のケアをしていれば、若々しさを保つことができるので、

いくつになっても素敵な笑顔でいられます。清々しく、若々しい笑顔でいられるから、

幸福感も高いのかもしれませんね」と説明されていました。

 

高齢者、要介護者、障がい者の方への在宅歯科診療、訪問歯科診療、口腔ケア、口腔リハビリのご相談は

訪問歯科119番 0120-763-182

記事タグ:「歯周病リスク低い人ほど幸福感高い」って本当!?

投稿者:訪問歯科119番

 

会員の皆様の訪問歯科診療の活動へのご理解・ご協力に深く感謝しています。

特に、施設入所者を対象にした嚥下内視鏡による、摂食・嚥下障害の診断と指導は、

誤嚥性肺炎や胃ろうの患者の減少に貢献していくものです。

全国約6,000施設を会員にする全国老人施設協議会(老施協)に、その重要性・必要性を

理解していただけるように、施設関係者に説明を行いました。

結果として、広く全国の施設に、訪問歯科紹介センターの歯科医師・歯科衛生士が活躍できるように、

全国の老人施設に紹介していきこの事業の拡充を図っていきたいと考えています。

 

さて、ここに来て次期診療報酬改定を議論する中央社会保険医療協議会(中医協)に注目が集まっています。

近く公表される医療経済実態調査の報告を踏まえ、論議を続けている社会保障審議会医療部会、

同医療保険部会の議論のまとめを受け、年内に政府が改定率を決定されます。

それを踏まえて中医協で個々の改定項目が議論されます。

改定の視点として「口腔機能維持向上等、生活の質に配慮した歯科医療の推進」が改定基本方針に明記されています。

3年半前に導入された「歯科外来診療環境加算」には、いくつかの算定要件がありますが、

その一つに「口腔内で使用する歯科医療機器等について、患者ごとの交換や専用の機器を用いた洗浄・滅菌処置を

徹底する等十分な感染症対策を講じていること」とありますが、今まで以上に院内感染予防の促進が評価されるよう、

厚労省はよりよいジャッジをしていただきたいと切望しております。

 

高齢者、要介護者、障がい者の方への在宅歯科診療、訪問歯科診療、口腔ケア、口腔リハビリのご相談は

訪問歯科119番/在宅歯科医療支援機構 0120-763-182

記事タグ:全国老人施設協議会に誤嚥性肺炎予防の理解を求めて

投稿者:訪問歯科119番

 

昨日、関西地区からの患者さまからこんなご相談をいただきました。

まずは、関西地区在住のAさんのご相談です。電話ではなしをさせていただいた感じでは、30歳前後のお若い方のようでした。

訪問歯科診療を受けたいのに、いろんなところで断られてしまって、どうしたらよいのかわかない。何とかしてほしい。

むし歯が増えてきて、痛みが出そう。虫歯がどんどん進行していく。

痛くなる前に、何とかしなければ。歯医者に行きたい。でも行けない。

来てくれる歯医者さんはどこかにいないかな?

こんな感じでわたしどもに強く訴えられました。

 

きっと、ご自身で直接、数件の歯科医院に連絡をしたり、知り合い・友人、家族、行政に相談したりしたのだと思います。気の毒で仕方がありませんよね。

そこで、訪問歯科紹介センターでは、何とかお力になりたいと思い、できる限りの支援を約束しました。

 

まずは、関西地区の知り合いの歯医者さん2件に連絡をしました。

関西地区の訪問歯科診療の状況を教えてもらい、対応策を考えることにしました。

関西地区では、関東地区と違い、精神疾患(パニック障害や対人恐怖症など)

が原因で通院できない場合は、訪問歯科診療の対象にならないようです。

 

つまり、訪問歯科診療の対象にならないということは、歯科治療に保険が適用されない

ということになりますので、自費診療での受診になるため、医療費が高額になってしまいます。

歯科医院側も行ってあげたいけど、行けないのが現状のようです。

 

 

上記とは別の方ですが関西地区在住のBさんは訪問歯科診療を受けたいのに、何件も歯医者さん等に電話したが、

全て断られてしまって、どうしたらよいのかわからない。何とかしてほしい。という内容のご相談でした。

最終的に、訪問歯科紹介センターに電話されてこられたわけですが、何とか関西地区で対応してくれる

歯科医師を手配できました。

 

患者さんがやっと保険が適用される訪問歯科診療を受診することが可能になってホッとしました。

このような患者さんがきっと他にもたくさんいると思います。

制度上の問題で、本当に困っている患者さんが助けてあげられない現状に、もどかしさを感じます。

なんとか制度面でも、改善できるよう、訪問歯科紹介センターでも行政に対して、

アクションを起こしていかなければいけないと感じています。

 

また、夫婦で一緒に訪問歯科診療を受けたいということで、訪問歯科診療を依頼された

患者さんが昨日いらっしゃいました。

すぐに歯科医師を手配してアポイントを決める連絡をしたところ、ご主人さまが、妻が退院直後で、

おなかの調子が悪く、具合がよくない。やっぱりいったん様子を見て、再度依頼しなおすようにする。

せっかく、先生まで決めていただいたのに、ごめんなさいね。ということで訪問歯科診療の依頼は

保留になりました。

 

担当していただく予定だった、歯科医師もそういうことって多々あって、

急に入院しちゃったりもするんだよね。

具合がよくなったら、また日程調整して伺う準備しますから、気軽に相談してね。

と言って対応してくれました。

 

このような依頼に対して、すぐにキャンセルになったり、

歯が痛いのでスグに来てほしいなどの様々な状況に

柔軟に対応できるのでお気軽に相談してもらえればと思います。

また、前述したパニック障害の患者さまのようにひとりで解決できないお悩みも完全解決に向けて、

訪問歯科紹介センター スタッフ一同はできる限りお力になれることをお約束します。

何か困ったことがあれば、まずは訪問歯科紹介センターまで連絡してください。

 

高齢者、要介護者、障がい者の方への在宅歯科診療、訪問歯科診療、口腔ケア、口腔リハビリのご相談は

訪問歯科119番  0120-763-182

記事タグ:パニック障害の方からの悲痛な訪問歯科診療のご相談

投稿者:訪問歯科119番

 

昨日、「歯科医療情報推進機構」と「日本老年歯科医学会」と連携し、「在宅歯科医療のシステム理解と実際」

についての講座開催のお手伝いをさせていただきました。

訪問歯科紹介センターのスタッフ2名も勉強のために受講させていただきました。

日本老年歯科医学会 理事長 森 戸光彦 先生 と 東京医科歯科大学大学院高齢者歯科学分野准教授

大渡凡人先生から以下のテーマについてのお話を聞かせていただきました。

IMG_0897

「在宅歯科医療のシステム理解と実際」

第2 回目

Ⅲ-1「高齢患者の有する問題点と対応」

●高齢患者の有する全身疾患と歯科治療

●全身状態の把握と対応

●「診療方針」の考え方と臨床判断

講師 東京医科歯科大学大学院高齢者歯科学分野准教授 大渡凡人先生

Ⅲ-2「紹介状の書き方」(演習)

Ⅲ-3「診療情報の分析」(演習)

Ⅲ-4「プロブレムリストへの反応」

講師日本老年歯科医学会理事長鶴見大学名誉教授 森 戸光彦 先 生

 

高齢者の全身疾患を正確に把握し、リスクマネージメントを行いながら、歯科治療を進めることの難しさと、

これからますます増える高齢者に対して、高齢者医療の一大強化が歯科に要請されていることを強く

お話しされていました。

森戸先生、大渡先生、IDIの松本先生、貴重な講座に参加させていただき、ありがとうございました。

IMG_9595

 

第3回の講座は以下の日程、テーマで開催される予定です。

平成25 年12 月8日(日)10:00 ~ 16:00

Ⅳ「高齢者の栄養管理」(栄養ケアマネジメント)

●栄養状態の評価

●食内容の管理

●食形態の管理

●栄養療法

●栄養指導

講師 日本大学歯学部臨床口腔機能学教授 口腔リハビリテーション多摩クリニック院長 菊谷 武先生

 

高齢者、要介護者、障がい者の方への在宅歯科診療、訪問歯科診療、口腔ケア、口腔リハビリのご相談は

訪問歯科119番 0120-763-182

 

記事タグ:「在宅歯科医療のシステム理解と実際」セミナー 全5回シリーズ 第2回 開催

カテゴリ

最近のブログ記事